捻り

薄く閉ざした視線の先、

覗き込んだ隙間の奥に漂うのは、上手く言葉にならない"始まりの余韻"めいたもの。

覗けば覗く程に、近づく感覚はあるけど、でも捉えようと思えば思う程に、心の中を見透かされていくような怖い感じもあり、

ボンヤリ、グルグル渦巻くものには、ほんの一滴、雫が加わるだけでも、その色や形や勢いは瞬く間に変化をする。

恐らく、このままだと、もっと濁った色にもなって、混ざっていくのだろう。

赤に白を足したらピンク色。
青と黄色を混ぜたら緑色で、
ピンクと緑を混ぜたら・・

今度は何色になる??

例え、導き、導かれ、
そして手繰り寄せ、

ある程度、探し求めるものの、
近い所までは迫る事が出来たとしても、

まるで、その場凌ぎの偽りを重ねるかのように、

次から次へと手元の色を継ぎ足しながら、結局その開きかけた視界を、自ら余計な理由や理屈で、グチャグチャ塗り潰してしまう事が続くのならば、

実際その始まりの余韻から、何かは中々始まらないし、そして展開していく事も難しい事になる。

別に怠けているわけでも、
避けているわけでもないが、

今、苦し紛れに誤魔化そうとしているものは何なのか?

手放せない怖さに、
自己都合な焦り、

あるいは予見できてしまう未来や、
それとも、やっぱり何か思い出してしまうもの?

ひとまず、なんとか形にして、
またその形を頼りにし、

そこには、実は何も無くないで、
救われてきた気持ちも沢山あるけど、

でも、今はどちらかと言えば、
とにかく、形を絞り出さなければに執われはじめ、

心の動きも、ひとまず所か、
大きく捻ってばかりの方に、
偏り過ぎているのかもしれない。

因みに、そんな傾き続ける自分の軸となり、また土台となっていくのは、

いつでも、"緊張"やその裏側にある"弛緩"とのバランス感覚の中で、段階的に積み重ねられ、そして規則的に保たれていくもの。

もし捻って、捻って、吐き出して、

まるで一瞬の束の間以上に、いつまでも、いつまでも、息が止まる程の苦しい"嫌な緊張感"が続いていくのであれば、

捻って捻ってばかりに陥る、
そんな今だからこそ、

今度は、どうその捻りを解いて解放していくのか、その反対側の部分を、次の新たな学びの段階として、もう一つ積み重ねてみよう。

その気づきとなる転換点は、
喜怒哀楽、何らかの感情なのかもしれないし、

または、痛みのような感覚として突然訪れるものかもしれないし、 

奥には、大切な思いが、
繊細に折り重なっているからこそ、

それは自分にとって、
望ましいものや、望ましくないもの、

または見上げる上や俯く下等、
いつどこから、どんな形や響きで訪れるのかは、簡単には分かってこない。

でも、まるで吸って吐いての呼吸が、
ただ自然と繰り返されていくように、

お互いが、お互いを呼び込む流れの中で、
一つに繋がっているような意識を持ち、

これからも、その目の前の課題を、
自らの役割として、向き合い続けていく事が出来るのならば、

それらは、
恐れたり、
焦る必要の無い事として、

また、あれでもない、これでもないと、
翻弄されてしまう事もなければ、

何もしないとか、
何も分からないに逃げそうになる事もなく、

必ず、自分の意志に基づき、どこかでちゃんと"転換点"を見極められるようになっている。

例え、言葉にならない不確実に対する不安が、止めどなく絡まりあっていくようであったとしても、

例え、どんなに自信や実感を伴いづらい、難しいものが、そこにあったとしても、

巡り巡った色々な状況、心の動き、様々なものが重なり因となり、どうそこに至るのかまで含めた、かけがえない"ありのまま"の自分の心髄は、

今はまだ、深〜い所で、その形にならない大切な思いをたっぷりと凝縮させて、

いずれ、どこからともなく、
キラリと滴り落ちる、

そんな繊細なタイミングを、
静かに待ち続けているのだ。

"さて!!"

本当は分かったような、
分からないような!?

でもこれが今回一番の、
隠し秘めたる思いが詰まった部分!

それを次の動きを呼び込む、
気づきとして、
きっかけとして、
転換点として、

最後の最後は、やっぱり誤魔化さず、
そして無理に当て嵌める事なく、

迫る中での、そこに備わるものや、
湧いてくるものを、滲み出るままに受けとってみよう。

鼻から大きく息を吸い込んで、
そして、背骨一つ一つに隙間を作るように。

執われている捻りは、自然と復元し、
軸を圧迫する力は解放され、

全身隅々に向かって、
生命の鼓動が、
瑞々しく伝達していく。

・・形?響き?
何となくそこにはあるような気配。

・・始まり?終わり?
その僅かな気配が、更にまた別の気配を纏っている。

そろそろかな?
まだまだかな?

・・・。
・・・。

"ドンドン!!"
"ドンドン!!"

それは時に、激しく打ち付ける太鼓のように。

"ゴ〜ン・・"
"ゴ〜ン・・"

あるいは、遠くの方から聞こえる、厳かなる鐘の音のように。

それは、その時、その場所、その状況、人によっても、聞こえ方は千差万別。

残って拡がる余韻は、

自分の近くも、遠くも、
見上げる上も、俯く下も、

また、無秩序で乱雑にかけ離れているような、あれもこれも、どれもそれもを、

まるで、予め決まった場所へと、
そのまま配置していくかのように、

最もシンプルかつ、
根拠に満ちた姿として、 

いつでも、"この場"の中へと、
収めていってくれるものなのだ。

LIFE INCLUSIVE

大地と共に、力強く。 見上げた空の如く、鮮やかに美しく。 たった一つの我なる"泉樹の花" その実は、今ここに成る。 全ては認め、愛され、 そして受容されながら。

0コメント

  • 1000 / 1000