"だからこそ"

どこを、どこから見たって、もうすっかり色は移ろい始めているし、また、それらが彩りよく、映えても見えてくる。

何周したって、いつもいつも同じ事。

どうして、分かる人は、
分かる事が出来るのだろう?

どうして、見つけられる人は、
見つける事が出来るのだろう?

そして、どうしたら受け入れる事って出来るのだろうか?

そんな迷いの中で、視界に入る、あれやこれやの扉は、確かに、どれもキラキラ輝いてはいるけれども、

でもその分、ついつい横に並べて、
比べてしまう事もあり、

"自分らしく"
"誰かと比べず"

そんな優しい言葉の一つ一つでさえも、少々ピリリとした刺激として、知覚してしまう事がある。

それは、結局いつも不平不満ばかりで、足ることを知ろうとしない、卑屈な自分。

まるで、腐った幹のような
中身の無い自分の軸は、

少し過敏な位に、
捻れて、倒れて、ひっくり返り、

その度、その度、
また更に大きな歪みを加えて、
姿、形を偏らせていく。

勿論、心の中では、当たり前のように、前を見据えて、1から順に、要領よく重ねていく事を望んでいて、

そして、そうある為に、加えようとしている事も、そこにはちゃんとある。

だけど、数字が苦手?
いや、多分集中して数えられていないだけ。

あるいは、変幻自在?
いや、それも形を変えて誤魔化しているだけ。

そこには、不器用に器用を装い、こんなつもりじゃなかったなんて、覆い隠そうとしている、明らかなる自分の姿があるが、

でも、まるで庭一面に広がる落ち葉のように、

それらは決して、隠し切れる事なく、全てが四方一杯にと、隙間を埋めて散りばめられていくのだ。

さて、果たしてそれは、
どちらが上で、どちらが下か、
はたまた、どちらが右か左か、表か裏なのか。

隅から隅まで視線を移し、まるで大きく円を描くように、グルリと一周、後を追って確かめてはみるが、

正直、横を見たり、上や下を見たり、何が、何段目の、何周目のものとか、そういう事も、今はもう、どっちでも良い事なのかもしれない。

まるで、明日というごく当たり前の未来の事さえ、未だ曽て、どうなるのか誰もはっきりとは、分かる事が出来ていないように、

きっと、どこから何が、どこに向かって、どう収まっているのかなんて、

考えれば考える程に、
モヤモヤして見通すのは難しい事。

時には、その曖昧なる不透明さの中で、
"何も重なっていない"と感じてしまう、

悔しい、悔しい"今この瞬間"ばかりが、はっきりと写し出されてしまう事もあるけれども、

でも本来、四方に遍くものの中の、
その小さな、たった一つの要素は、

例え、どこから、どんな刺激として、届いてくるものであったとしても、

例え、それに対し、少し過敏な程に、反応してしまう事があったとしても、

決して、それが、それ以外の要素を巻き込みながら、まるで全てを丸ごと塗り潰していってしまうような、そんな大きな迷いの渦になるものではないし、

ましてや、慌てて、焦って、全てを手放してしまう程に、大きな不安となって、募っていくものばかりでもない。

もし、横に並べてしまうものや、
前を進むものの姿が、

どうしても、自分の中で気になってしまうのであれば、

そういう時は、上でも下でも、前でも横でも、あまりどこかを、よく見ようとかする事なく、

まるで、ただ虚な視線で、ボーっと遙か遠くの空を眺めるように、

そんな気持ちの一つを一つを
一旦、どこか適当な所へと解放してみよう。

同じ場所から、ふと見上げる上には、
今度は、また違う色が広がっている。

それは、時々黒く覆われたり、また渦巻くように荒れ狂う事もあり、

決して羨むような、キラキラしているものではないかもしれないけれど、

でも、その向こう側の景色へと、
思いを馳せて、

"もし、これがこのまま、ずっと続いていってくれるのだとしたら"

"もし、この果て無く広いものへと、自由に翔び立つ事が出来るのだとしたら"

そんな風に、穏やかな想像を働かせてみるだけでも、気持ちも少し安心する。

・・・。

ピリ・・。 ピリリ・・。

でも、それってつまらない事?

グラグラグラ・・。

こんな事が、維持されていくだけ?

自由?不自由?
義務?運命?

本当の幸せ・・?。
・・。

まだ少し、詰まりを感じているものがある。

まだ、深い所で何かが引っかかっている感じもするし、やっぱり、溜息混じりに、グルリと俯いてもしまう。

でも、そこにある、表に広がる鮮やかな思いも、また、表に出来ない、少し濁った裏側に隠しておきたい思いも、

皆んな、あれも、どれもが、自分にとって大切な"ありのまま"の一つ一つ。

そのどれもが、互いに影響し合い、
そのどれもが、無限に組み合わさりながら、

そのどれもが、どちらの側へも、等しく転換し合っていく可能性を持っているからこそ、

"だからこそ"

私達は、それを課題として向き合い、
また、そこから学び続けていく事で、

そのどちらもを、自由に見極め、選び、
そして、味わい尽くしていく為の、

かけがえない"智慧"の力を養っていく事が出来る。

それは、もはや、他の誰や、何かとも比べようがないものとして。

それは、簡単には崩れ無い、
自らの"軸"になるものとして。

それは、きっと!

いや・・、
多分かな?。

まだ、あまり自信は無いし、
まだ、よく分かってはいないけど、

でも、それでも大丈夫!

そんなグラグラ、ユラユラ、
あれも、どれも、これもが、

"だからこそ"

ちゃんと"確かな一歩"となって、
今ここに、積み重ねられているのだから。

YOGA INCLUSIVE

大地と共に、力強く。 見上げた空の如く、鮮やかに美しく。 たった一つの我なる"泉樹の花" その実は、今ここに成る。 全ては認め、愛され、 そして受容されながら。

0コメント

  • 1000 / 1000