弱気の一歩

本当はどうするべきか。
本当はどうしていきたいのか。

今必要な事は、何かを隠す為に、そして防衛する為に、頭の中で言い聞かせる事ばかりに浪費する事ではない。

まずは自分に正直に、
そして自分の真実へと向かい、

"行為"として、
その一歩を前に踏み出してみる事。

もしかしたら、偽る事に慣れたあなたは、

その偽りを手放し、
その真実へと向かう事に対し

大きな不安と恐怖を感じかるもしれない。

「失敗したくない」
「恥をかきたくない」
「傷付きたくない」と。

人間の根本は、簡単には変わらないかもしれないし、それは染み込むように根付いたものであれば尚更のこと。

それでも、
私はあなたに、
一貫してこう伝え続けていきたい。

「安心していいんだよ」と。

それは力強い、
勇気の一歩なんかじゃなくてもいいし、

恐怖や不安を背負った、揺れる心に生じる消極的で、おぼつかない一歩になってもいい。

例え、躓いて、失敗をし、
例え、それで恥を感じたとしても、

それは決して、自分の傷として残り続けるものでもなければ、

ましてや、自分の存在価値が否定される程のものでもないのだから。
 
あなたが、本来向かうべきはずの望ましい未来は、今踏み出す、目の前のその一歩から広がっているもの。

あかの他人も
親密な仲間も、

遠い親戚も、
近い身内も関係ない事として。

背負った宿命も、
生まれた時代も、

属する社会も
関係ない事として。

いつでも、
自分自身に委ねられている事なのだ。


LIFE INCLUSIVE

大地と共に、力強く。 見上げた空の如く、鮮やかに美しく。 たった一つの我なる"泉樹の花" その実は、今ここに成る。 全ては認め、愛され、 そして受容されながら。

0コメント

  • 1000 / 1000