置き忘れたものや、
取り残したもの。

ジタバタ、読み返していく度、
古びた埃が、巻き上げられていく。

綺麗な言葉で、
表紙を飾り立てていく事も、

思い通りに目次を立てて、
並べていく事も、

まだ器用には出来ないけれど、

それなら今は一枚一枚、
大切にページをめくるように、

今日も少し、
明日も少しで、

そうやって、
新しく重ねていく事が出来ればいい。

例え目隠してでも
迷わないように、

この位で、
ひとまず、

小さな栞でも
挟んでいきながら。

行ったり来たり、
慌ててページを、
探したりなんかしなくても、

いつでもまた、

そこから始めていく事だって、
出来るのだ。




LIFE INCLUSIVE

大地と共に、力強く。 見上げた空の如く、鮮やかに美しく。 たった一つの我なる"泉樹の花" その実は、今ここに成る。 全ては認め、愛され、 そして受容されながら。

0コメント

  • 1000 / 1000