我慢


すぐには終わらない。
あっという間なんかじゃない。

変わらないし、
続いていく。

ずっとだから。   

そんな時もあるじゃなくて、

いつも、いつも、

そんな時だから。

全部、覆されていく。

覚悟も、決意も。

足掻けば、
足掻く程、
噛み合わず、

もがけば、
もがく程、
躓いていく。

みんな実らない。

そして、取り残される。
また、置いてかれる。

一人になる。

いつものように。

楽しい?
信じられない。

嬉しい?
嘘みたい。

寂しく思う。
悲しく思う。

悔しいって思う。
羨ましいなって思う。

なんでだよ!って、言いながら、
そうやって卑屈になる。

同じ熱量で、
全部引きずりながら。

でも、我慢だから。

痛いも、
熱いも、

冷たいも、
厳しいも、

我慢して、我慢して、
その我慢を凌いだ先、

また、我慢。

何があっても、なくても、

同じように。

終わらない事として。
始まらない事として。

そうやって繰り返していく。

意志も、
意味なんてものも、

何も残さず。
 
自分を、護る為に、
受け入れる為に、

これで良いんだって思えないから、
仕方ないんだって思えないから、

だから否定していく。
咎していく。

だけど、
やっぱり楽しくない。

嬉しくもない。
満たされもしない。 

悔しい。
腹が立つ。
情けない。
惨め。

そしたらやっぱり、
我慢。 

ずっと我慢。

同じように我慢。

全部ひっくるめて、
それも結局、
我慢に収まる。

段々クラクラする。
グラグラもする。

だって耐えてるから。
我慢してるから。
踏ん張ってるから。

どんな衝撃も。

結構保ってるし、
結構整えてるし、

凄い踏ん張って、
凄い耐えている。

どんな時も。

まあまあ頑張っている。
これでも頑張ってる。

軸の力も凄いし、
根も張っている。

そんな風に見えなくても。

だから、ちょっと位良いんだって。
好きに書いてしまえ。

どうせ誰も見てないんだから。

好きに叫んでしまえ。

どうせ誰も聞いてないんだから。

いくらでも、出てくる。
こんなもんじゃない。

抑えずに、

自分の思いを。

自分のリズムで、

自分の意志で。

まだまだ、だから。

そしたらあっという間に、
溢れてくる。

次から次に、
流れていく。

その内に終わるから。
いつかまた始まるから。

新しい事が。

きっと。

多分。

分からないから、
知らないから

だから今は、

我慢。

これで良いとか、
良くないとか、

どっちでもいいから、

今は、

我慢。

LIFE INCLUSIVE

大地と共に、力強く。 見上げた空の如く、鮮やかに美しく。 たった一つの我なる"泉樹の花" その実は、今ここに成る。 全ては認め、愛され、 そして受容されながら。

0コメント

  • 1000 / 1000