馬車の旅①


この馬車は、決して前にしか進まない。

例え、後ろを振り向く事はできたしても、進行方向は前方一点のみ。

こっちや、あっちの道に進んでいたら、どんなに楽だったのだろうと、

そんな事を考えてみた所で、どうにもならないのが、またこの旅なのである。

因みに、車体を運ぶ馬は、大きな力と共に、とても繊細な心を併せ持つ。

一度接してみるとよく分かるが、何か不安定さがあると、乗る事はおろか、上手くひく事すら難しい。

無理に制御をしようとすれば、手綱は簡単に切れてしまうし、逆にもし手綱を手放すが事があるのなら、

馬はその繊細な本能おもむくままに道を外し、恐らく目指すべき方向とは違う方向へと、暴走をはじめていくだろう。

道中においては、馬車の劣化や、外的な衝撃、急な天候不順等、あらゆる困難が想定される。

時には、そのまま振り落とされた方が楽ではないかと、自らの意志で、手綱を離しそうになる程のアクシデントに見舞われる事も、しばしばあるが、

しかし、そのまま振り落とされる事が望ましくないという事は、どういう訳か私達は本能的に知っている。

ところで、
この旅は一体いつから始まったのか。

後ろを振り帰れば、遥か遠くの方から続き、前を見れば、遥か遠くの方へとまた続いくこの道が、

どこから続き、何処へ向かい、何を目的としているのかは、未だによく分かっていない事も多い。

はるか何千年も昔から、旅を続けている感じはするのだが、はっきりとした記憶として存在するのは、せいぜい30年程前からか。

記憶の始まりとなるような境目も非常に曖昧であり、ましてや何百年、何千年も昔の事となると、はっきりとは思い出せない。

ただ、同じ道から続いて今があることは、何故かはっきりと認識している。

それは、決して記憶を根拠としたものではないが、確かな感覚として残りながら。

途中動かなくなった馬車を代えながら、何度も繰り返し旅を続ける自分の存在。

馬が止まると、
一瞬、目の前は真っ暗になり、

そのまま肉体としての全て感覚を手放しながら、やがてスーッと空へ昇っていくような浮遊感へと導かれていく。

それは、まるで宇宙遊泳とでも言うのだろうか、どこか広大な無重力空間を漂うような、そんな不思議な感覚の中で、

時間や場所の隔たりや区別、あるいは悲しみや喜び、苦痛や快楽といった感情の分化さえも生じるものはない。

自分が全ての一部、あるいは全てが自分の一部となり、身体や感情、思考にいたる、その全ての働きは"止滅"していくのだ。

LIFE INCLUSIVE

大地と共に、力強く。 見上げた空の如く、鮮やかに美しく。 たった一つの我なる"泉樹の花" その実は、今ここに成る。 全ては認め、愛され、 そして受容されながら。

0コメント

  • 1000 / 1000