馬車の旅②

また、やっぱり戻ってきた。

一直線の道のはずなのに、どうしてまたここに戻ってくるのだろう。

進んでいるのは前方のみだし、決して後退もしていない。

見える景色も違うし、状況として違う場所にいる事は確かであるが、

"戻ってきている" 感覚もまた確かな実感としてここにあり、

気付くとまたここにいる。

それは凄く苦しい事であり、伴う感情は、落胆、不安、そして、恐れの感情。

その恐れは、何か対象への恐れではない。

"やっぱり"と少しずつ諦めへと向かっている事への恐怖感。

なんとなくまた、ここに戻ってくる予感は、心の片隅にもずっとあり、

そんな片隅の小さな気持ちが、全てを引き寄せていると言ったら、いかにもそれらしくは聞こえるけれども、

どんな道であれ、手綱を引いて馬車を進めているのは、紛れもなく、自分自身でしかないのだ。

結局、旅に迷いは尽きない。

行き先に迷い、来た道を迷い、そこから現在地を疑い、自己を見失う。

最後は道を外れて路頭に迷うか、はたまた答えを見つけるかなんて分かる事は出来ないけれど、

どうせ迷って、やっぱりまた戻って来るのなら、時には手綱を緩めて、馬の本能赴くままに進路を委ねてみてもいいのかもしれない。

YOGA INCLUSIVE

大地と共に、力強く。 見上げた空の如く、鮮やかに美しく。 たった一つの我なる"泉樹の花" その実は、今ここに成る。 全ては認め、愛され、 そして受容されながら。

0コメント

  • 1000 / 1000