それは闇の中に灯る

暗くて重いその世界の雰囲気は、

あなたの心の中を掻き乱し、
不安と恐れを拡張させて、
正しい気付きと判断を鈍らせる。

闇にいるから苦しくて、
闇があるから駄目なのだと、
闇に全ての原因を押し付けたくなってしまったり、

闇こそ自分を苦しめ続ける"毒"であり、
自分で引いた、境界線の向こうの、届かぬ光の世界が"蜜"であると感じてしまったり、

その光を探し求めて、もがくあなたをを、
まるで、他者が笑って、馬鹿にしているように感じてしまったり、

それを惨めに感じ、自分で自分を蔑む気持ちが抑えられずに、自分で自分を傷つけてしまったり、

その傷を見て、自責の念に駆られて、
闇と一緒にどこか遠くの世界に、葬り去られたくなってしまったり・・。

きっと、そんなあなたの目の前に今、
これを押したら、あっという間に眩い光の世界へ進む事ができるという、魅惑的なスイッチのようなものが突然現れたとしたのなら、

例え、それがどんなに不確かで、
例え、それがどんなに怪しげなスイッチであったとしても、

あなたは闇を打ち消す為に、そのスイッチを押してしまいたくなるだろう。

しかし、その怪しげなスイッチを押し、闇を打ち消す事に、一か八かを賭けるような危険なリスクを冒すのであれば、まずは、何でもいいので、私はあなたに、まず、"小さなキャンドル"を一つ灯してほしいと思う。

もし、光を灯していく為の、マッチもキャンドルもどこにも無く、それを探し求める事さえ、あなたに取り憑く闇の中では、重く苦しく負担に感じる事であるとするならば、あなたは、ただその時その場で、ゆっくり瞼を閉じる、それだけでもいい。

何故なら、それは"想像"や"イメージ"という言葉でも表現されているのだが、私達はいつでもそんな無限の力を使い、小さなキャンドル位の光なら、自由自在に頭の中に灯す事が出来るようになっている。

それは、結局不確かなものであるのかもしれないけれど、それは決して怪しいものではなく、とても安全で、とても心地が良く、とても安心出来るものである。

ゆっくり瞼を閉じ、まずは頭の中に小さなキャンドルの形を一つイメージし、

それはどんなに歪な形であったとしても、

丸でも三角でも四角でも、自分の頭に自然と浮かんでくる、そのままの形でいいと思う。

そして青でも赤でも黄色でも、今この瞬間、あなたの意思で、あなたの自分の好きなタイミングで、あなたの好きなだけ時間を掛け、あなたが今思いつく、その好きな火を、あなたの好きなように灯してみよう。 

もし、上手く火が灯るイメージが持てないようであるならば、ぼんやり光の玉のようなものが、闇の中にフワフワ浮いているのをイメージしてもらえればいいかと思う。

そして、少しの集中力を持ち、その炎の揺らぎ、あるいは光の玉をよく見つめてほしい。

炎の揺らぎ、光の玉は一見すると儚くて、直ぐに消えてしまいそうな弱々しさであるのだが、その中心、奥深い所に、強い意志と、漲る力が宿っている。

そして、その光と闇との間には、明確な境界線なんてものはなく、ただ曖昧で、ぼんやりしたものがいつまでも続いていくかのようであり、光の粒子が、ジワリジワリ闇に拡散されていく情景は、とても幻想的で、とても美しい。

そこに灯った光の世界は、
闇に苦しみ、闇に傷ついているあなたにしか灯す事の出来ない、とても"純粋な光"の世界であり、それはこの世の何よりも"尊い光"の世界である。

あなたにとってのその光は、
あなたの闇の中で輝く時が最も美しく、

あなたに闇があるから、
その美しい光の世界は誕生し、

あなたは闇を持つから、
その美しい光を認識する事が出来、

あなたの闇は、
あなたのその美しい光をいつまでも輝かせる。

闇はあなたにとって毒でもなければ、恐れの対象でもなく、あなたは決して惨めでも無ければ、自分で自分を哀れむ事も、蔑む事も、傷つける必要もなく、あなたはどこか遠くの世界に消えてしまう必要もない。

闇に輝く "真の光の美しさ"  は今あなたの直ぐ傍にあり、あなたはその光を、いつでも観る事が出来るのだから。

Yoga Inclusive

決まった形も無い。囚われも無い。 泉のように湧きおこるその"慧"の力は、 無数の"言の葉"となりながら、 紡ぎ繋がり大きく広がっていく。 根を張り、大地と繋がり、力強く。 見上げた空の如く鮮やかで、美しく。 たった一つの我なる"泉樹の花"。 その実は、今ここに成っている。 全ては認め、愛され、受容されながら。

0コメント

  • 1000 / 1000