孤島

例え今一人取り残されたその場所が、遥か彼方離れた、陸の孤島であったとしも

孤島にも風は吹き、雨が降り、草が生え、花が咲き、星は輝き、陽はまた昇る。

例えそこで、深い孤立に苛まれ、息をするのも苦しい程の切迫感に追い詰められていたとしても、

木々はあなたと共に語り
花はあなたと共に踊り
鳥はあなたと共に歌い
陽はあなたと共に笑い

雷があなたの代わりに怒り
雨はあなたの代わりに泣き
風はあなたの代わりに迷い

月はあなたの憂いを癒し
星はあなたの憂いを照らし
宇宙の景色はあなたの憂いを一時忘却させる。

それらは皆、呼吸をし、感情を持ち、各々が意思を持ちながら、まるであなたが今何を感じ、何を考えているのか全てを分かっているように、傍にやってきては、優しく寄り添ってくる。

もし、苦しみの最中にいるあなたが今、目の前の出来事全てが他人事のように感じ、自分が今ここに生きているという"現実"そのものを失っていたとしても

目に映る花の彩り
耳で聞こえる風の音
鼻で感じる土の匂い
皮膚で受け取る陽の温もり

五感を通し伝わる、その自然界の愛と受容のエネルギーは、決して夢でも幻でも頭の中の空想ではなく、

また、心の奥から沸き起こる、自然界への畏怖や畏敬の念も、それら強烈に揺さぶられる心の動き全て、覚醒された意識の中の"現実"である。

精霊?八百万?
孤島での生活に疲れ果てたあなたは、無理してそこに神や魂を見いだす必要もなければ、何かを無理矢理祈ろうとする必要もない。

自然と共に生き
自然に生かされ
支え見守られている事

ただ五感でそれを感じ、そしてただ受け取ればそれでいいのである。

それはゆっくりと私達に、
今この瞬間を"生きている"という確かな"現実'を戻していく。

「母なる大地 父なる空」
そこがどんな遥か彼方陸の孤島であろうとも、そこに"地"があり"空"がある限り、私達はいつでも支え見守れ、そしていつでもそこに"帰っていく"事が出来るのだ。

Yoga Inclusive

決まった形も無い。囚われも無い。 泉のように湧きおこるその"慧"の力は、 無数の"言の葉"となりながら、 紡ぎ繋がり大きく広がっていく。 根を張り、大地と繋がり、力強く。 見上げた空の如く鮮やかで、美しく。 たった一つの我なる"泉樹の花"。 その実は、今ここに成っている。 全ては認め、愛され、受容されながら。

0コメント

  • 1000 / 1000