井の中のあなたへ・・

あなたは今、大きなギャップに苦しんでいるのかもしれない。

理想として一生懸命手放したいと考えていたその感情が、今まさに、どんどんと沸き起こってくるそのギャップに。

何年も、何年もかけて、崩れては整え、崩れては整えを繰り返し、自分が設定した節目に向かい、最後にようやく辿り着いたと思ったその先に、まさかこんなに大きな揺れが待っているとは、考えてもみなかったであろう。

あなたが学ぼうと思っていたものは、今一体あなたに何を教えようとしているのだろうか?

一体そこにはどんな意味があって、どんなメッセージがあるのだろうか?

やはり生きていく上での正解は、そういう事だったのであろうか?

あなたが懸命にあがいて来た事の意味、
あなたが懸命に繋いで来たの事の意味、

考える事は苦しいかもしれないけれど、全てを放棄する前に、もう一度この機会によくそれらを考えてみよう。

もしかしたならば、あなたが手放したいと抗っていたその感情は、無理して手放す必要なんてなく、まさにそのものこそが、現実を生きていく上で、必要不可欠である事には変わりはなく、強引にでも、辛くなっても、苦しくなっても、それをそのままエネルギーにして、進み続ける事の方が正しかったのかもしれないし、また、そうかもしれないというその現実は、あなたの中で整えてきた色々なものを、次々になぎ倒しては、大胆に破壊をしていくかもしれない。

でも、そんな時こそ、あなたもよく知っているはずの、「AUMマントラ」を今一度思い出してみるといい。

この大胆な破壊が、AUMマントラの意味する「創造→維持→破壊」の流れに沿った適切なプロセスであり、ここから新たな創造に向かっていく為に、これら全てを含めたものを、神様があえてあなたに課題として与えているのだとしたならば、それこそあなたが、そこで学ぼうと思っていた事の本当の意味も、それは、きっとこれからの気付きと創造として、あなたの下に必ず降りてくる。

あなたは今回改めて感じたはずだ。
人の心の儚さ脆さを。

整えてきたつもりのものも、こんなにいとも簡単に崩れていくのだ。

あなたが誤った方向に向かってきたのか、あるいは進むべき道を正しく進んできたのか、何が幻想で、何が現実だったのかは、それは、今のあなたの目の前に広がる、その景色が全てを物語っている。

その景色はあなたにとっての本意ですか?
不本意ですか?

この景色を見る為に、あなたは足掻いてもがいて、馬車の手綱を離さず旅を続けて来たんだと自信を持って言えますか?

沸き起こる感情はとても苦しいし、醜くいものかもしれないけれど、あなたは現実からただ目を背けて、それこそ、ただ都合のいい幻想を作り上げていただけにしか、過ぎなかったのだ。

いい加減そろそろ認めよう。それがまたあなた自身であり、それがまたあなたの現実であるという事を。

まるで井の中の泥に埋もれているような今のあなたは、誰に何を話す事も出来なければ、
その姿も声も想いも誰に何も届かす事は出来ていない。

いや、むしろあなた自身が、ありのままを話し、届ける事をためらっている。それはあなた自身が今のあなたの醜さを、誰よりも一番自覚をしているから。誰だって自分の醜さを人に晒すのは辛いし、それで人が不快になる事だってあなたは良く理解をしている。

しかし、私はそんなあなたの全てを察し、全てを自分の事として理解をし、受け止めている。何故ならあなたは私であり、私はあなたでもあり、私とあなた、またはそれ以外の全てのものを隔てるものはどこにもないのだから。 

例えあなたの今いるその場所が、暗くて狭い井戸の中であったとしても、

例えその事が、愚かで、無知で、醜い事であったとしても、

例え声も姿も届かず、

例え誰に何も気付いてもらえず、

例え不安で、怖くて、寂しくて仕方がなかったとしても、

必死に鳴くあなたのその鳴き声は、

田んぼにいるどの蛙なんかよりも、力強い大きな声で、意志の宿るものとして、しっかりとこの私には届いている。

あなたの苦しみは、あなただけのものではないし、あなたが苦しみを抱えているのと同じように、どこかでまた同じ苦しみを抱えている人もいる。

だから、もしあなたが、いつかその暗くて狭い井戸の底から這い上がる事が出来たのならば、

今あなたを苦しめる、その心の大きな揺れは、今あなたと同じように、井戸の底で苦しんでいる人の気持ちに寄り添う為の、"慈悲なる心"の領域を広げ、今あなたと同じように苦しむ、目の前のその人を助ける為の、かけがえのない"智慧の力"を授けるだろう。

その時、きっとあなたの耳にも、私と同じように届いてくるはずだ。

幾多の井戸から聞こえてくる、その力強い"魂の鳴き声"が。


YOGA INCLUSIVE

大地に根を張り、力強く。 見上げた空の如く鮮やかで、美しく。 たった一つの我なる"泉樹の花"。 その実は、今ここに成る。 全ては認め、愛され、受容されながら。

0コメント

  • 1000 / 1000