我気づく故に



何をしたいのか。
どうしたいのか。

あっちの自分がこう言えば、
こっちの自分がこう言い返し、

混在する意識の中で、
色々な自分が、自分を惑わしてくる。

頭の中で思考する自分も、
心の中で感じる自分も、
鏡に映る自分も、

そのどれもが、自分の筈なのに、
そのどれもが、自分ではないように感じたり、

または目の前の出来事全てが、自分の事なのに、その全てが他人事のように感じ、

それが全てではない筈の事を、まるでそれが全てのように感じて、必要以上にそれに囚われてしまったり。

気づけば何も変わっていないどころか、いつまで経っても前には進まず停滞し、

まるで、自分自身がそうなる事を望んでいるかのように、すすんで後退する。

まさに自滅の苦しみだ。

どうして、そっちを選び、
どうして、そっちに向かうのか?

自分は一体、
誰と何の問答を続けているのだろうか?

誰か私を導いて欲しい。
誰か私に教えて欲しい。

本当の私というものを。

その場で停滞する自分は、
ただの臆病で、弱い人間にしか過ぎないのかもしれない。

しかも、あげくの果てには、

あれが嫌。
これが嫌。

あれはやりたくない。
これはやりたくない。

我がままだらけ。

それでも、

"花が花として咲くように"
"雲が雲として流れるように"

そんな自分が自分として生きる為に必要な、たった一つの真なる"我"というものが、自分の中にもあるのだとしたら。
 
何故?

どうして?

それは不安?
心配?

ここは夢なの?
現実なの?

例え、どこから、どんな言葉で、
どれだけ幾多の"我"が声を掛けてこようとも、

そんな錯覚のような''我"に、あれやこれやと惑わされる事はないのかもしれない。

我思う故に我あり。

我思う故の我は、
確かにそこにあるのだろう。

でも、我思う故の我を、どこまでも追い続けていく事は、はっきり言って切りが無い。

時には、閃きや覚醒、そんな言葉を頼りにしながら、内から湧く"我からの気付き"を静かに待ち続けてみよう。

あれが嫌い?
これが嫌い?

いや、あれが好き。
これが好き。

それは、決してこちらから無理して追う事をしなくても、自然と向こうからやってきては、

無知なる心の影を照らし、
ありのままの自分の姿を明らかにし、
自分の中の偏りも盲信も、

そして、そこに陥る自分が本当の自分ではないという、それら幻想のように揺らぐ灯火さえも、

"我気付く故に"

いつでも、優しく吹き消していってくれるのだから。


LIFE INCLUSIVE

大地と共に、力強く。 見上げた空の如く、鮮やかに美しく。 たった一つの我なる"泉樹の花" その実は、今ここに成る。 全ては認め、愛され、 そして受容されながら。

0コメント

  • 1000 / 1000