我気づく故に

あっちの自分がこう言えば
こっちの自分がこう言い返す。

すべき事、あるべき事を分かっている自分。
素直にそれに従って行こうとしない自分。

それは不安?心配?怖い?
ここは夢なの?現実なの?
混在する意識の中で、色々な言葉で、色々な自分が自分を惑わしてくる。

頭の中で思考する自分も
心の中で感じる自分も
鏡に映る自分も

どれもが自分の筈なのに、そのどれもが自分ではないように感じたり、

または目の前の出来事全てが自分の事なのに、その全てが他人事のように感じたり、

それが全てではない筈の事を、まるでそれが全てのように感じて、必要以上にそれに囚われてしまったり、

必死に何かを繋ぎ留めながら、無理矢理何かをそこに形成し、些細な緩みや、些細なひびのような綻びからその全てが崩れて壊れ、全てがどこかに流れて、全てがどこかに飛んでいってしまうような、危うい感覚にばかり翻弄され、狭い感覚と意識の、偏った世界の中に自分を閉じ込め、壁の向こうの広い世界に気づかないふりをしては、あーでもない、こーでもないとしつこい位に自問自答を繰り返し、いつまで経っても前には進まず停滞し、気づけば何も変わっていないどころか、そっちを選べばそうなるよというのが目に見えていながら、本当は自分自身がそうなる事を望んでいるかのように、すすんで後退する。

まさに自滅の苦しみだ。

どうしてそっちを選び、どうしてそっちに向かうのか?

自分は一体誰と何の問答をしてたのだろうか?

ただ無駄な時間だけを浪費する、そんな問答に何の意味が今まであったのか?

誰か私に教えて欲しい。
私というものを。

誰か導いて欲しい。
迷いの無い世界に。

停滞する自分はただの臆病にしか過ぎないのかもしれないけれど、ヨガっぽく言えば、過去の経験?トラウマ?そんな風に色々なものが邪魔をするのか、どうしても最後に、真の"我"からの気付きを、慎重に確かめながらでないと、怖くて、不安で、心配で、その一歩さえ踏み出す事に躊躇ってしまう事が多々生じる。

私は何をしたいのか。
私はどうしたいのか。

何故私は今ここにいて、
何故私はそれをして、
何故私はそれを考え、
何故私はそれを思うのか。

仏教的に無我の境地なんて、現在地からしたら程遠く、結局中々手放せない"我"への執着。
 
それでもヨガの思想は教えてくれている。
"我"はみんなにあるんですよと。

万物は皆、同じルーツを根本原質として持ち、そこから派生をし、循環を繰り返していきながら、どこかで何かを共有し、どこかで何かが関わり合いながら存在をしている。

それは物質的な繋がりもあれば、プラーナと呼ばれるようなエネルギー的なものを通しての繋がりもあるし、あるいは遺伝のように科学的な視点や、過去世等のスピリチュアル的なもの、または大きく広く縁起や因果の法則といった思想の観点からも説明出来る。

だからこそ私達は自他同一の視点を根拠として持ちながら、他者を慈しみ、他者を憐れむ、慈悲なる心を養う事が大切であるのだが、ヨガの中ではそれと同時に、内なる自分と向き合い、本質としての我と繋がり、それを磨いていく事も大切な目的の一つとして据えられている。それは、我儘や我が強いといった、欲深いエネルギーを象徴するような低次元の"我"の概念としてではなく、花が花として咲くように、雲が雲として流れるように、自分が自分として生きる為の、本質としての我、即ち真我(アートマン)なる概念として。

我とは何か?
それはあるのか無いのか。 
無我?真我?アートマン?

そんな渦巻く思考に翻弄され、答えの無い永遠不変の大きなテーマを前に、時に何か極端に偏った思想に傾倒したり、時に勢いや衝動に駆られて、屈折した形でエネルギーを暴発させてしまったり、あるいは死後の世界に安楽を求めてなんて事もあるかもしれない。

でも、唯一無二、たった一つの真なる我がそこにあるのだとしたら、どれだけ幾多の我が、あらゆる言葉で自分を翻弄し、心を迷わせ、苦しめようとも、それらは結局、視界を曇らす闇の中に作り出されたいくつものマーヤ(幻想)にしか過ぎないのだから、それら錯覚としての''我"に、あれやこれやと翻弄される必要なんて本来どこにもないのだ。

もし論理的に理解しようと思えば思うほど、しつこく考え込み、何かに縋ろうと思えば思うほど、更なる不安に駆られ、余計にエネルギーを浪費しながら自らを疲弊させてしまうのであれば、まずは思考を手放し、身体を整え、気の流れを拡張し、瞑想で心を穏やかに落ちつかせる事を先決すればいい。

アーサナやプラーナヤーマや瞑想法含め、その為の智慧や実践がヨガには沢山あるし、私達が無知の闇から解放されて、物事を正しく見る為の、土台やきっかけとなるものは、いつでも穏やかで落ち着き、調和の図れた心身の状態の上に存在する。

我思う故に我あり。
我思う我はそこにあるかもしれないけれど、その我をどこまでも追っていく事は、はっきり言ってキリがない事であるし、時には閃きや覚醒、そんな言葉を頼りにしながら、内から湧く"我からの気付き"を静かに待ってみるのもいいかと思う。

それは、決してこちらから追わずもがな、向こうからやってきては、

無知なる心の影を照らし、
ありのままの姿を明らかにし、
自分の中の偏りも、 
盲信も、
そこに陥る自分が本当の自分ではない事も、

それら全て幻想のような灯火を、優しく吹き消していくのだから。


YOGA INCLUSIVE

大地に根を張り、力強く。 見上げた空の如く鮮やかで、美しく。 たった一つの我なる"泉樹の花"。 その実は、今ここに成る。 全ては認め、愛され、受容されながら。

0コメント

  • 1000 / 1000