生命のリズム

"それは時として、壁となる"

発するものも、受け取るものも、全てを遮るものとして立ちはだかり、あなたは四方八方、身動きを封じ込められていく。

そこにあるのは、根源的な無知なる"無"の世界。

見渡す限り、音も形も言葉もなければ、何一つ語られるものも、何一つ映し出されるものも存在しない。

空間は、まるで置かれた箱の中身のように乾ききり、
大地は、まるで息を引き取るかのように沈みこみ
風は、まるで不穏なる邪気のようにまとわりつき、
水は、まるで悲嘆の溜まりのように澱みゆく。
 
そこにあるべきはずの本来的なものは、漆黒の炎に掻き消され、

吸い込む煙に咳込むあなたは、呼吸のリズムを乱され、遠のく意識と霞んだ視界に、ありのままの心の姿を見失う。

やがて、生まれる壁への破壊の衝動。

思う通りにならぬ気持ちの焦りに、壁は更に分厚くなり、

やがて破壊を求める気力も、
どうにかならぬ焦りの感情さえも、

全てを飲みこみながら、
あなたを"怠惰"の渦へと引き込んでいく。


"それは時として、扉となす"

怠惰に溺れ、厚みを増す壁の姿に気力を失うあなたは、いつしか、あるはず無い一つの扉を壁の中で幻想する。

そこにあるのは、
あるはずない扉であるが故、

あなたは扉の向こうの世界を、
一切見た事ないにも関わらず、

脳裏に浮かぶ浅はかな解釈に惑わされ、

扉の向こうと、こちらという2つの世界が、
今ここにある事を判断する。

扉のこちらに、光が届かぬなら、
光はきっと、扉の向こうを照らすはずであり、

扉のこちらが、光を浴びていないのなら、
扉の向こう側は、きっと光を浴びているはずであり、

扉を開ける事が出来た者は、
扉を開ける事を許された者、

扉を開ける事が出来なかった者は、
扉を開ける事を拒否された者、

そこには、優が有り劣が有り
そこには、勝があり敗が有り、

そこは隔たれ分けられ、
対なる明と暗を象徴するのだと。

やがて、その隔てた2つの世界は、まるで壊れた定規のような歪な尺度で比較をされて、

そこから生まれる、妬み、嫉みが、あなたの心を激しく喧騒させる。


"それは時として、姿を持たぬ"

あるはず無い、開かずの扉に途方に暮れたあなたは、そこに倒れるように仰向けになり、不意に視線を上げる事となる。

視界に飛び込む、満点の青空、
空間を彩る、色めく紅葉。

麗らかな冬の日差しが、
心を覆う靄を取り払い、

やがて、その澄んだ心の水面には、
この世に備わる、自然のリズムが共鳴する。

まるで、水のリズムが、生命を循環させて、
火のリズムが、生命の種火を燃えあがらせ
風のリズムが、生命を言葉として運び、

大地のリズムが、
そんな私達の、
生命の母となり

空のリズムが
そんな私達の、
生命そのものを見守りながら。

地水火風空、各々奏でるリズムは、無心に歌い、踊り、語り合い、

私達は皆、この宇宙という無限のホールの、地球という舞台の上で、

同じ陽の光に遍く照らされながら、
一つの旋律として調和をしていく。

そんな唯一無二の事実において、まるで泉が湧くかの如く、自然の理として解き放たれた、その、ありのままの光景は、

遮るものも無ければ、全ては融け合うかのように、こちらや向こうといった区別は無い。

それを受け取るあなたの意識も、

ある時には、壁になり、
ある時には、扉となり、

またある時には、ふと姿を消して純粋な姿に立ち戻り、融通無碍に絶えず変化を繰り返していくもの。

自然の循環、春夏秋冬、季節の巡りの如く、決して、抗い、逆らう事が出来ない、その原理において、確信をもって断言できるものは何も無いのかもしれないけれど、

それでも、そんな不確かな変化がそこにあるからこそ、同時に初めから全ての可能性を閉ざすものも、また存在はしないのだろう。

例え、あるはず無い扉が、
あなたを錯覚させる事があったとしても、

ある日突然、目の前の舞台の幕を降ろしてしまう判断は、どこにも必要無いし、

あなたを困らす、
その疑い深く、澱んだ迷いの心も、
 
やがて、不安や恐れに勝る、
清らかな思いへと移ろいゆく。
 
まるで、さえずるような小さな鳥が、大きな羽根を広げて優雅に空を舞うように、

また、1本の木が枝葉を自在に空へと伸ばし、幾多の花の姿を表現しているように、

私達はいつでも、
そんな"生命のリズム"に乗って、

自由自在、壮大なる"人生"という名の音色を、
この宇宙という無限のホールに響かす事が出来るのだ。


LIFE INCLUSIVE

大地と共に、力強く。 見上げた空の如く、鮮やかに美しく。 たった一つの我なる"泉樹の花" その実は、今ここに成る。 全ては認め、愛され、 そして受容されながら。

0コメント

  • 1000 / 1000