自由

もし、あなたが今いるその場所で、

誰かと比べた方が、上手く循環しそうな事さえ、そういうものだと都合よく解釈し、

原理に反するような、抗わなければならない事さえ無理して受け止めて、

必要最低限、そこにあってもいい欲まで欲張りだとして抑えこみながら、

目の前に広がるその光景に対し、自分がそれを望み、求め、自由の中で決断した事なのだと、胸を張って言い切る事が出来るのなら、

あなたは、
思う存分そのままずっとそこで俯き、
思う存分そこで、泣いていてもいい。

無理して顔をあげる必要や
無理して笑顔を作る必要もないし、

涙を流し続けて、そのまま干からびるように蒸発しようが、

または、俯向くあなたが大地に沈んでいくかのように消滅しようが、

それら皆、あなた自身の問題にしか過ぎず、また、正直、誰が困る訳でも、誰が迷惑するわけでもなく、そこで誰に恨まれ、誰に妬まれる事もないので、

それが、あなたにとっての
ある意味では安心で、
ある意味では、充実となるだろう。

しかし、それと同時に、
恐らくそこでは、誰かに喜んでもらう事もなければ、誰かの役に立つ事もなく、また誰かに悲しんでもらうという事もない。

本当は、寂しい気持ちを感じるのではありませんか?

本当は、心残りとして、何か悔やまれる事があるのでは無いですか?

あなたが、そこで繋がろうとしているもの、
あなたが、そこで果たそうとしている役割、

あなたはそれが、本当に"今ここ"にあるのだと、考える事が出来ますか?

実際には、そんなに寂しい事もないかもしれなくて、あなたの事を、心配、必要とする人も沢山いたり、また、あなたがいるからこそ、今この瞬間成立しているものが沢山あるのも事実だが、

それでも、
俯く事や、顔をあげる事、
喜ぶ事や、悲しむ事、
笑う事や、泣く事、怒る事、

それら、どちらが善で、どちらが悪とか、自由な思考のもとに、そんな事ばかりを考え、下を向いて俯く事を、これもまた自由の一つとして、選びとり続けていくのなら、

あなたは、いつまでたっても、そこで、本来自由がもたらすはずの、本当の姿というものを、捉える事は出来ないだろう。

進む事も、停滞する事も、
あるいはそこから潔く退く事も、確かにそのどれもがあなたにとって、自由な事であるには間違いない。

また、あなたがそれで納得した理由を作ろうと、わざわざ狭く圧迫された、不自由な自分を選びとっていく事も、これもまた、あなたにとっての自由でもある。

しかし、自由とはまた、決して誰にとっても"偏り"に向かっていく為に、存在をしている訳ではない。

もっともっと、そこに生まれているものも、滅したものも、あるいはこれから生まれるかもしれない、潜在された、思い、意識、それらありのままのその全てを含め、もっと物事を、包括的に広げた意識、視野で観てみよう。

もしかしたら、常に余裕の無いこの現代のフィールドにおいて、思うがままに自由の羽を広げる事は、決して容易い事ではないのかもしれない。

しかし、それでもそれが、あなたが顔をあげて、楽しく笑って、喜んではいけないとか、本来の意味での自由をためらい、抑圧し、自分自身を、偏らせるように束縛しても良いという理由にも決してならないはずだ。

もし、あなたが自分の今いる場所を、暗くて狭い井戸の中だと錯覚しているのだとしたら、それなら、それも、それでも良い。

視線なんて遥か彼方、自由に彷徨いながら、どこに置こうが、暗い井戸の中で、結局何かが見える事もなければ、足下だっていつもグチャグチャ、大地に根を張ろうと意気込む必要もないのだから。

時には、泥にまみれ、埃にまみれた自分の事を、沈んだ塵や埃のような、駄目な人間なんだと罪悪感に苛まれてしまう事もあるし、

時には、寂しくなって、一人大きな声で叫んでみたら、何でこんな事をと少し恥ずかしい気持ちや、やっぱり自分なんかと、恐縮した気持ちが湧いてくる事も沢山ある。

それでも、あなたが思う存分、"本当の自由"の名のもと、笑えるなら笑い、泣けるなら泣き、単純な事を、そのまま単純に捉える位の感覚で、もっと、自然に、シンプルに、俯いたり、泣いたり、笑ったり、楽しんだりを謳歌する事が出来たのならば、

例え今、あなたの浴びるものが、泥でも、塵でも、埃であったとしても、

例え、あなたの今いる場所が、暗くて狭い井戸の中であったとしても、

そんな、塵や埃も泥の塊もまた、やがて積もりに積もって、積もり切った先、不動なる山のように、確固たるあなたの"象徴"として、威風堂々そこにそびえ立つ。

どこで何が何の響きとなって、誰に届くかなんて、今この段階で決して分かる事では無いし、その痛みを、これはきっとタパスなんだと、無理な解釈で受け入れ続けたり、疲れた身体と、乱れた心で、磨かれるべき、かけがえない大切なものをそのまま雲らせておくのなら、

多少他人と比べて
抗って、
少しばかり欲張る事があったとしても、

それもまた、あなたの"自由"な意志と選択に基づく決断の一つとして、何も心配する事なく、大切に尊重されていく。

あなたの自由は、
あなたの重荷になったり、
あなたに苦しみを与える為のものではない。

あなただからこそ、 
その自由を本来的に全うする事が出来、

あなただからこそ、
それを表裏一体、善も悪も、良いも悪いも、喜も憂も全面的に味わい尽くし、

慈悲なる心が備わる、あなただからこそ、

その自由を、人の為にと役立たせ、活かしてていく事が出来るのだ。

YOGA INCLUSIVE

大地と共に、力強く。 見上げた空の如く、鮮やかに美しく。 たった一つの我なる"泉樹の花" その実は、今ここに成る。 全ては認め、愛され、 そして受容されながら。

0コメント

  • 1000 / 1000