自由

もし、あなたが今いるその場所で、

誰かと比べた方が、上手く循環しそうな事さえ、そういうものだと都合よく解釈し、

原理に反するような、抗わなければならない事さえ無理して受け止めて、

必要最低限、そこにあってもいい欲まで欲張りだとして抑えこみながら、

目の前に広がるその光景に対し、自分がそれを望み、求め、自由の中で決断した事なのだと、胸を張って言い切る事が出来るのなら、

あなたは、
思う存分そのままずっとそこで俯き、
思う存分そこで、泣いていてもいい。

無理して顔をあげる必要や
無理して笑顔を作る必要もないし、

涙を流し続けて、そのまま干からびるように蒸発しようが、

または、俯向くあなたが大地に沈んでいくかのように消滅しようが、

それら皆、
あなた自身の問題にしか過ぎないのだから。

しかし、そこでは、
あなた自身のその問題に対し、

誰が困る訳でも、
誰が迷惑するわけでもなく、
誰に恨まれ、
誰に妬まれる事もないが、

同時にそこでは、
誰かに喜んでもらう事もなければ、
誰かの役に立つ事もなく、

また誰かに悲しんでもらうという事も存在はしない。

それがある意味では、
あなたにとっての安心で、

ある意味では、
また充実となっていくのかもしれないが、

それがまた、
あなたにとっての"寂しさ"にもたなっていく。

因みに、進む事も、停滞する事も、
あるいはそこから潔く退く事も、

確かにそのどれもがあなたにとって、自由であるのは間違いない。

また、あなたがそれで納得した理由を作ろうとして、

わざわざ狭く圧迫された、
不自由な自分を選びとっていく事も、

確かにこれもまた、
あなたにとっての自由でもある。

だけど、自由とはまた、
誰にとっても、一方的な"偏り"に向かっていく為のものとして、存在をしているわけではないはずだ。

ましてや、重荷になったり、
苦しみを与える為のものでもない。

その自由は、心が素直なあなただからこそ、善も悪も、良いも悪いも、喜も憂も、表裏一体含め、本来的に全うする事が出来、

その自由は、
感情豊かな、あなただからこそ、

泣いたり、
笑ったりもしながら、

それを、そのまま、人生の一部として、
楽しむ事だって出来るのだし、

優しい心が備わる、あなただからこそ、
その自由は、自分の為にと活かしながら、

また、大切な誰かの為にと、役立たせていく事も出来るのだ。


YOGA INCLUSIVE

大地と共に、力強く。 見上げた空の如く、鮮やかに美しく。 たった一つの我なる"泉樹の花" その実は、今ここに成る。 全ては認め、愛され、 そして受容されながら。

0コメント

  • 1000 / 1000