眼差し


あなたが、
瞳の奥に隠し
瞳の奥に眠らし、
瞳の先で訴えかけようとしているもの、

それが何なのか、
それが何処にあるのか、
それでどうしていきたいのか、

通りすがりの私には、それが何か、まだ具体的に、はっきりと分からない事も多いのだけれども、

狭くて暗い箱の隅のような所で、今にも泣き出しそうな、あなたのその瞳を見ていると、

私達が考える当然の事以上に、
振り返りたくない事や、
思い出したくない事、

あなたにとって、あまり本意ではないと感じられた事が、まるで溢れる涙のように、その瞳の中の景色として、沢山存在してきたのだろうという事が、何となく想像させられる。

時に、人に呆れ、うんざりされて、
自分の視線が不意に誰かを嫌な気持ちにさせてしまったり、

また、相手の自分を見る眼差しが、何か心を突き刺さす痛みのように感じ、必要以上に相手の眼線を気にしすぎてしまったり、

そんな自分に対し、心の中が、悔しさや、情けなさ、申し訳無い気持ちで一杯になり、それが涙として溢れ、いつまでも、いつまでも、抑えきれずに止まらなくなってしまったり・・。

それらは、誰にでもよくある、ごくごく自然な事でもあって、気持ちが次第と塞いでくれば、なるべく一人でいられる、どこか暗くて、小さい箱の中身のような所の方が、自分にとって居心地良く、安心して過ごしやすいと感じる事も当然あるであろう。

しかし、まるでそれらを、必要以上の範囲で、自分のトラウマのように心に深く刻み込み、

もう何も見たくはないし、記憶ごと全て無かった事に・・と、極端に思考を偏らせ、

せっかく開いた自身の瞼を、わざわざ閉じてまで、記憶も新しい景色もない、暗黙の世界に居続けようとする事が、果たして、それがあなたにとって本当に自然な事と言えるのだろうか。

本当はもっともっと、その眼で見たいと思う事があるのではないですか?

本当はもっともっと、その眼で見てきた事として、伝えたい事があるのではないですか?

本当はそれが、不自然な事であると感じているのではないですか?

それは、あなたが意図したものでもなく、またあなた自身も、実は気がついていない事なのかもしれないけれど、

まるで、多種多様この世の生き物、植物達が、個に備わる唯一無二の生命のリズムを、"生きる"というその最も純粋な営みへと凝縮させて、言葉なき声、音なき響きに乗せて、縦横無尽に躍動させていくように、

あなたがそこで、どんなに塞ぎ込み、どんなに口をつぐみ、どんなに覆って、どんなに抑えこんでいようとも、

あなたが、その眼で見続けてきたであろう、人間の喜びや、楽しさ、嬉しさ、優しさ、

あるいは、楽しいや、嬉しいばかりでない、幾つもの、悲しみに、怒りに、寂しさに、矛盾や、不合理、不条理、怠けも、愚かも、誠実も、不誠実も含め、

四方八方、
それら、ありとあらゆる正しい事から、
ありとあらゆる正しくない事まで、あなたにとっての"生きる"という事に関わってきた営み、その要素の全てが、

今この瞬間、あなたのその、瞳の姿、在り方へと凝縮されて、まるで余韻として滲み出るかのように、遠くを見つめる眼差として顕されている。

それは、決して具体的で、
決してはっきりしたものではないけれど

時にそれは、音や文字や言葉や色や形で表現される事よりも、

より真っ直ぐ、より正直に、
深甚なるあなたの心模様を象徴し、

まるで色とりどり、艶やかに舞い踊る花弁の渦へと吸い込まれていくように、

あなたを見つめる者の心は、その中心へと、そして一つのものへと、融通無碍に融け合いながら惹きこまれていく。

あなたの瞳は、
決して大きな声で自分の名前を叫ぶ訳でもないし、決して自分の姿を必要以上に大きく見せようとしている訳でもなく、一見すれば、極めて受動的且つ、物足りなく、積極的でないように思わせるのだが、 

一方、何か広くて大きい永遠的な力で、遠くの方から、ありとあらゆるものを全て見通し、包みこむような、おおらかで優しい気品を兼ね備え、

それがまた、あなたの憐みや、慈しみ、即ち慈悲なる心としての、受容的要素へと転換されている。

あなたに、惹きつけられる者の多くが、あなたと同じように、どこか危うい、生き方、人生、不安や物寂しさを抱えている事が多いのも、

きっとあなたが、そのどこが受容的で、優しく包み込むような瞳の中に、自分の人生だけでなく、多くの人の辛さや悲しみを、

こぼすことなく、漏らす事なく、何の濁りもないまま純粋に、受け取り、映しとってくれているからなのであろう。

例えその眼差しが、虚空彷徨うような、虚ろなものであったとしても、

例えそこが今、思い出したくない事や、振り返りたくない事から、隠れようとしている小さな箱の隅であったとしても、

例え、その瞳の中に、溢れる涙を溜め混んでいたとしても・・、

あなたのその、珠玉の如く輝く、唯一無二の瞳の有り様は、決して誰かを真似して出来るものでもなければ、また、あなた以外の誰かが、見よう見真似で、絶対に真似をする事など出来ないのだ。

あなただから、見る事が出来たもの、
あなただから、見通していく事が出来るもの

そこから生まれる、瞳に宿る思いの波動は、

だからこそ響き
だからこそ届き
だからこそ躍動するものとして、

小さな箱の向こうの、通りすがりの人間なんか優に超え、

"虚ろな眼差し"として、どこまでも、どこまでも、遙かなる無限の範囲へと、力強く響き渡っていくのである。


YOGA INCLUSIVE

大地と共に、力強く。 見上げた空の如く、鮮やかで美しく。 たった一つの我なる"泉樹の花" その実は、今ここに成る。 全ては認め、愛され、 そして受容されながら。

0コメント

  • 1000 / 1000