貧しさ

大したあてもなく、
その場凌ぎで、どこに辿り着く事もなく、

いつまでも、終わりが無い"無いもの探し"に漂流するあなたは、

まるで、
認めるべき事を遠ざけ、
見るべきものから視線を背け、
在るべき場所から退くように、

結局また陥るように、同じ深みの中へと沈んでいく。
 
それは、
必要以上に何かを欲する事とも、
必要以上に何かを貪る事とも、違うのだけれども、

何をしても嬉しくないし、何を見ても楽しくないし、

あれも恐くて、これも不安で、
自分なんか誰の役にも立たず、
自分なんか何をしても駄目なんだと、

大きな、重苦しい"貧しい気持ち"となって、あなたの視野を、際限なく偏らせていく。

本来なら、そこにも
楽しい事や、嬉しい事、

あるいは、あなたにとって、必要かつ大切で、あなたにとって、何よりもかけがえないものが、遍く広がっているにも関わらず、

 "貧しい"自分に溺れるあなたは、
右も左も、真ん中も、何千何万、細かい網目のような、そこにある限りに広がる経路を自ら堰き止め、

本来そこから流れ、そこへと巡る、正しく循環するべきものを停滞させていくかのように、輝く本来的な、その"満たされた景色"を、自らよく観ようとはしていかない。

吸い込む力は、細く短く、
呼び込む力は、惰性の如く。

主要な渦が力を失い、
風に躍る千の花びら達が、上から下へ、一枚、また一枚と、息を引きとるように枯れて散りゆくなか、

醜い自分に迷い、愚かな自分に溺れ、まるで腐りかけの流木のように、何を燃やす事なく漂流し続ける、あなたのその瞳の中には、

今この瞬間、そこに広がる大海原は、一体どんな景色として、写っているのであろうか。

例えそれが、どんなに美しく純粋で、
例えそれが、どんなに私達を平等に照らしていくものであったとしても、

あなたが、
"金輪際こんな思いは二度としたくはない"
と、

これからも、いつまでも、卑屈で、貧しい気持ちに延々執着し続けていくのであれば、

そこには、味わい尽くせるだけの喜怒哀楽を見出す事や、ダイヤのような、固い意志と決意を芽生えさせる事はなく、

一人誰もいない海原で、今抱えるその痛みを、誰かの為にと役立たせていく事も出来ない中、

それらは、ただ重くて、暗い、
"何も無い世界"として、

何かが終わりに向かい、
何かが始まる事もなければ、

あなたから何かを響かせ、
誰かに何かを届け、  

かけがえない、
大切な存在と繋がっていく(yuj)事も、やはり難しい事になる。

本当は、その重くて暗い世界に怯えているのではないですか?

本当は、何も無い世界に、寂しさが募っているのではないですか?

もし、あなたが今、陥る深みの世界の中で、緊急的に狭く圧迫されて、苦しんでいるというのであれば、

取り敢えず、
何かを深く考えようとせず、
どこかを無理に目指そうとせず、

穏やかな気持ちが、優しい波紋のように、自然と広がっていくのを、そこで漂流しながら、静かに待ち続けてみる事も、長い目で見れば、間違いなく大切な時間になっていくとは思うし、

何が縁や因となり、何が結果となっていくのかも、今この瞬間、あなたに顕現されているものだけには収まらない、過去、現在、未来を含めて潜在された、ありとあらゆる微細な要素が、複雑多様に関わり合う中での顕れであったりするもので、

何となく漂流しながら、偶然何か潮の流れに乗って、偶然何処かの岸辺に辿り着き、偶然誰かに拾われ、偶然誰かの役に立つ可能性があったとしても、決して不思議な事ではないと思う。

それでも、もし漂流を続ける過程の中で、我気づく故に、自然に無理なく、乱れた気持ちが落ち着き、少し冷静になって、物事を考える事が出来そうであるならば、

その限られた時間、
残された時間、
誰にとっても二度とは帰らぬ時間の中で

時には、自ら陸へと上がり、多少の勇気を持ち、いつもより少し強気な気持ちで"弱気の一歩"を踏み出して、

今度こそ、次は必ず、絶対にと、
願いを込め、希望も込めて、

こうありたい自分、こうしたい自分のようなものに向かうつもりで、内なる意志と決意を旗上げしたとしても、

その程度の欲張り位なら、決して何かを必要以上に"貪る"事にはならないだろう。

そこにしかない、
貴重な経験、貴重な学び、
唯一無二のかけがえないものが、

いつ、どこに居て、どんな状況で、どんな生活をしていても、必ず見つけていく事が出来るというのは、 

決して、有限、無限、物質、精神、そういう、頭で学んだ単語に縛られていくものでは無い。

例えそれが、尽きる事がないものだとしても、
例えそれが、私達を悩ます種になるものであったとしても

そこから視線を背け、自らそこから遠のき、
いつまでも、何処までも、極端に受け入れ(inclusive)ようとしないのであれば、

それらは、決して満たされる事のない"貧しさ"として、
それらは、決して終わる事の無い"漂流"として

これからもあなたの事を、無限の深みの世界へと、沈み込ませていってしまう。

目の前に広がる、何も無いからこその"無限の充実"は、まだまだ、学び始めの未熟なあなたにとっては、

迷子になる程難しく、漂流する程広すぎる、
少し背伸びをした世界でもあり

例え、迷子の末に、
例え、漂流の末に、
例え、姿、形、限りある、物質的な豊かさに辿り着いたとしても、

それはそれで、今あなたにとっての、適切な学びの段階だと言えるのではないだろうか。

Yoga Inclusive

決まった形も無い。囚われも無い。 泉のように湧きおこるその"慧"の力は、 無数の"言の葉"となりながら、 紡ぎ繋がり大きく広がっていく。 根を張り、大地と繋がり、力強く。 見上げた空の如く鮮やかで、美しく。 たった一つの我なる"泉樹の花"。 その実は、今ここに成っている。 全ては認め、愛され、受容されながら。

0コメント

  • 1000 / 1000