無形


もう、そんな気持ちも湧いてこないと俯く位に、果たして、どれだけ多くの時間が過ぎたと言えるのだろうか。

もう、そんな気持ちも忘れてしまったと嘆ける位に、そもそも、それ程に自分を満たすものが、あったと言えるのだろうか。

普段はそんな事も、特に考える必要もなく、
常に、何かが当たり前にそこにあるような感覚の中で、日々生活をしていると、

私達は、本来それが、常に生じては、はかなく滅するような、姿、形あって、姿、形ないようなものであるという、物事に備わった本当の意味での"当たり前"の事も、よく見通す事が出来なくなる。

それが、あなたの"癖"なのか、どうなのか。

あなたは、
そこに何の流れもないのに、
一体何に抗い、

何の形もないのに
一体何と比べて、

何をそこに当て嵌め、
何を見いだし、

何に悔やんで、
何に不安を抱き、

一体、何に憂いて、
何を恐れていくのですか?

全ては、あなた自身の判断で、あなた自身が選びとってきた事でもあるが故に、

その全てを、明らかに見極めたつもりになり、それらを思うがままに、味わい尽くしているつもりにならざるを得ない、

あなたにとっての、
受け入れるべき、現実がそこにはあるが、

実際、少し冷静になって、
周りと比べ、

過去を振り向き、
未来の自分を展望すると、

そもそも、そこには、
味も匂いも何の彩りさえも、どこにもなく、

ただ何も無いだけの、無駄な時間の流れの中で、ただ何も無いものを一人で見送るような、そんな切なくて哀れな気持ちが襲ってくる。

本当は、ただ状況が圧迫され続けているのではないですか?

本当に、なおそれらを一つの過程と信じ、これからも歩みを続けていく事が出来るのですか?

因みに、物質的にも精神的にも貧しい、今のあなたにとっては、

特に何も無い事の不安や、どこに何も残っていない事の恐怖感は、いつ、どこにいたとしても、常に付き纏ってきてしまうもの。

当たり前のように、それらを払拭しようと、焦りや不安に駆られる事もあるし、

また、とにかく何かが、
色や形や自分の響きとなって、
とにかく誰かに何かが届いて欲しいと、

自らそこに躓き、
自らそこで傷付き

自らそこに、
血や涙の跡を残そうとする事もある。

しかし結局それらは、
何が何の響きとなって生じる事もなく、

また、これまでせっかく整え続けた、
その全ての事までを含め、

迷い、彷徨い、最後は貧しさを抱える、いつもの何も無い"我"へと収まってしまうのだ。

もちろん、そこから何かが始まり、何かが終わりに向かう過程も、当然の事として存在する。

だけど、自ら大きく道を外して偏り続け、
また、わざわざ"痛み"に耐える事までし、

本来のあなたと違う、
あなた自身の姿を、

無理して響かしていこうとする必要が、
今ここには、あるのだろうか。

もし、それらの事が頭ではよく分かっていながらにして、

考えれば考える程、
更なる不安に駆られ、

余計にエネルギーを浪費しながら、
自らを疲弊させてしまうのであれば、

とりあえず、頭の中でややこしく考える事は一休みにして、

まずは、この地の上に、
正しく自身の座法を選び取り、

よく耳を澄ませて、
よく心を開き、

まずはそこで、あなたに宿る"自然な呼吸(生命の源)"を、見つめてみて欲しい。

それは、誰に認められる事も、
評価をされる事もなく、

誰に何も届かぬままの、
色も形も存在しない、
無意味な響きのようなものかもしれない。

それでも、自然な呼吸という、生きる上で当たり前だけど、決して当たり前ではない、

そういう生き物に備わる、根源的な生命の営みのようなものを通し世界を見つめてみると、

例えば、飢えているなら食物を、
寒さに震えているなら、衣服を必要とするように、

本来的な"生命"の在り方とはどういうものなのかを考える、そのささやかな、きっかけのようなものが私達に与えられる。

本当に手放していく事は何なのか。
本当に得ていくべきものは何なのか。

本当の豊かさ?
本当の価値?
本当の繋がり?
本当の平和?
本当の幸せ?

嵐のような驚異的な出来事が、
どうにもならない位に吹き荒れ続ける今だからこそ、

私も、あなたも、
それ以外の沢山の人達皆が、

隔たりなく、危うい可能性を含んだ、儚い生命の中に共に暮らしているのだという、その当たり前の事をよく見つめ直し、

出口が見えないなら、
また、入り口まで引き返していくように、

今、自分にとって必要なものや、
大切なもの、

今、あの人にとっての必要なものや、
大切なものを、

もっともっと"賢く"見極めていこう。

今はイライラする事もあるし、
不安が募る事もある。

容赦ない現実は、差し迫ってくるばかりかもしれないけれど、

だけど何も無いと感じる、今だからこそ見えるその"満たされた景色"は、

きっと、今なお何も見えないと思いこんでいる、その闇の中にだって灯っている。

それは、既に尽き果ててしまったものではない。

自分を励ます為に、
そして、他に寄り添う為に、

一人一人が、かけがえないこの繋がりの中で、紡いでいく事が出来た時、

それらはむしろ、

これからよりはっきりと、
映し出されてくるものなのだ。


LIFE INCLUSIVE

大地と共に、力強く。 見上げた空の如く、鮮やかに美しく。 たった一つの我なる"泉樹の花" その実は、今ここに成る。 全ては認め、愛され、 そして受容されながら。

0コメント

  • 1000 / 1000