味わい深き


進んでいく者と、そこに縛られ続ける者。

左に見える明るいものが、抱えた弱さに溺れる、卑屈な自分の姿を明らかにし、

右に見える暗いものが、自分が自分として、そこに在る為に必要な、信じる力に陰りを与えているかのように、

あなたは常に、そのどちらを見ても、また、どちらも見ようとはしなくても、例えそれが光であろうが、闇であろうが関係はなく、そこにあるもの全てを、自分にとっての驚異として、不都合な解釈をしてしまう。

それは、何も出来ない事が悔しくて、
また、何もしようとしない事が情けなくて仕方がない、今のあなたにとって、

常に、感謝の気持ちとして、その現実を受け入れ、また見極めたつもりなる、自分で自分を守る為に必要な、都合の良い心の働きなのかもしれないが、

それは、まるで氷山の一角のように、
ほんの少し、表に顔を出した部分を、自分の全てと思い、気持ちを装い続ける、少し冷めた自分自身と、

その奥底深く、漲る熱(tapas)を備えた、本来的な自分自身とが、激しく"衝突"するような、破滅的なエネルギーでもあり、

そこにはまた、まるで藪に眠る蛇を、わざわざ突き起こされるような、どこか噛み合わない違和感や、矛盾めいたものを抱える、納得しきれない自分の存在がある。

本当にこのままでいいのだと、心の奥底から、末端まで、隅々思う事は出来ていますか?

本当はもっと、胸を張って、自分らしく、そして力強く、そこに居たいと思っているのではないですか?

もしあなたが今、繰り返される自問自答の中で、

土台となる肥やしを築く事や、柱となる根を伸ばす事、それら生長に必要な"地力(自力)"を蓄える事を疎かにしてまで、

周りの動きが気になり、
他と比べる事をやめられず、

いつまで経っても、掘った穴をまた埋め直すように、ただ痛めつけるだけの無意味な作業に、執われ続けていくのであれば、

例え今、平等に、かけがえなく誰もが受け取る事の出来る、豊かな"恵"がそこにあったとしても、

例え今、その恵から、唯一無二の、あなたという素敵な"芽"を出す可能性が、あったとしても、

まるで、土の中に取り残された、腐った一粒の小さな種のように、

あなたは、それに気付く事もなく、
そして、誰に気づかれる事もなく
 
遂には、まだ充分な可能性として残されているかもしれない、"本当の自由"を実らすことさえ、自らの意志と選択で、手放していく事になるだろう。

自分の望む人生とは何なのか。
掴みたいものとは何なのか。
今掴めるもの、そして手放すものは何なのか。

私達が住むこのフィールドでは、極めて広大であるが故に、常に、自らの意志で、どの道を選び、どう進んでいくのかの判断、決断、その難しさが"自由"の中の矛盾した"不自由"のように付き纏ってくる。

時には、自分には、本当に自由な選択肢があるのか無いのか、それすら、自信が持てずに、分からなくなる事もあるし、

あるいは、自分は既に、選択するべき時を誤り、後戻り出来ないような状況にまで陥っているのではないのかと、不安で怖い気持ちに襲われる事もあって、

例え"自由"がテーマであったとしても、"誰かと比べない"とか、"自分らしく"が、そんなに簡単ではない永遠の課題として、常に存在し続ける中においては、

私達は、いつでも何処でも、嫉妬や、焦りや、寂しさのような悩ましい感情を、終始コントロール出来ない"不自由"な動きとして、頭や心の中で巡らせてしまう。

それは、今の学びで言うならば、まるで刈っても刈っても、しつこく生える雑草のように、整えて整えても、簡単に覆される、厄介なパターン化された癖(Samskara)のようなものでもあるので、

例えば、向きを変えたり、回数を調整したり、まるで身体の動きを操るように、たやすく制御が出来るものではなく、

もしかしたら、これからも常に、翻弄や迷いとして、決して避けられずに、ついてくる課題と言えるのかもしれない。

それでも、同じ学びの中で、等しく説かれている事を追求していくと、そこには確実に"希望"を持って、一つ言える事も見えてくる。

それは、例え自らがどんな状況であろうとも、その厄介な癖を含めた、そこで感じる、喜びや憂い、あるいは楽しさや悲しさといった、表裏を行ったり来たりする葛藤や迷いが、

最終的には、自らに委ねられた意志や判断に基づく選択次第で、いかようにも人生の醍醐味や、深みへと転換されて、その全ての要素が、何ものにも縛られない"自由"の境地として、とことん味わい尽くしていける、その充分な可能性があるという事なのだ。

宿命論?決定論?
頭の中で、また余計な渦を生み出しそうな、少し難しい話は、一旦手放して、

何を考える為に、何に気がつく為に、今の学びがあるのかを、原点に戻りながら、シンプルに、もう一度よく考え、もう一度それらをよく見つめ直してみよう。

今この瞬間の、不安や、恐れも、葛藤も、それら偽らず、ありのままを、その学びに変えて積み重ねる事が出来た先、

もし2極の対立したものに害されない、ある原則に沿った(アーサナ3原則より)中道としての、"この道"に辿り着いたとするならば、

そこでは、まるで風に吹かれてなびく稲穂のように、砂塵を巻き上げ、吹きつける強風ものともせずに、

"大地に根を張り力強く
見上げる空の如く、鮮やかに美しく"

遍く広がる陽の力を、存分に恵として受け取り、また、それらを共に、生かし、分かちあいながら、

この広大なるフィールド溢れんばかりに、願望、信念、愛情、情熱、希望に満ちた、"生命の智"一粒一粒を、躍動させていく事が出来るだろう。

その"重々帝網"重なり合う、無数の繋がり(yuj=yoga)においては、

例え、その場に取り残されているような寂しさ、焦りに縛られていても、

例え、その場から後戻り出来ないような、後悔に執われていたとしても、

まるで、優しくて穏やかな、温かい感覚が(Shanti)、胸の中心から、身近なものへと、そして遥か彼方へと、少しずつ、少しずつ響き渡っていくように、

決して衝突をする事無く(anahata)
また、激しい音(nada)を立てるでもなく、

全ては、一つの調和されたものとして、奏でられていく(anahata nada)。

それらは、あえて、自由の名のもと、さらけ出していく事ではないけれど、あえて不自由に抑えつけようとする事でもなく、

それらは、時に苦しい事かもしれないけれど、でもそれは、醍醐味や深みとして、表裏一体、大切な事とも繋がっていて、

それは、そう思えない矛盾を感じる事かもしれないけれど、でもそう言い聞かせながら、少しずつ前向きに転換していってくれる、

噛めば噛む程に味わい深い、人生における、究極的な自由の境地(samadhi)と言えるのだ。

YOGA INCLUSIVE

大地に根を張り、力強く。 見上げた空の如く鮮やかで、美しく。 たった一つの我なる"泉樹の花"。 その実は、今ここに成る。 全ては認め、愛され、受容されながら。

0コメント

  • 1000 / 1000