でも確かな一歩!


行き届かぬ思いは滞り、

それが、あとから痛み(Dukkha)となって追いかけてくる。

留まるものは、そこから離れ、
支えとなる軸の力が、内から外へと散り去りながら、
 
抗う者の、風の流れは止まり、
逆らう者の、光が遮られていく。

迷いこんだ逃げ道のような、風も陽も何も当たらぬその場所は、

少し息苦しく、また少し窮屈でもあり、

内に潜んだ"種"が、

風の感触へと、また陽の温もりへと向かって、ごく自然な事として、芽を出していく。 

それは、まるで眩しい陽の光の世界に、まだ少し瞼の重い、閉じた自身の"眼"を馴染ます、ようやく前に踏み出す"弱気の一歩"。

長い長い時間をかけた割には、なんだかとても小さい範囲のようだし、

また、覚悟を持って気持ちを込めた割には、動きも遅いし力強くもないのだけれど、

後ろを見たり、周りを気にする事から離れた中で、内なる自分の思いの下、確かに前に進む事が出来たもの。

心の中で、その一歩を噛みしめ、そして、たっぷりと味わっていく。

時々、その僅かな合間の、かすかな余韻の中で、

そこから何かをしようと進み始めた、今の、あなたの足を引っ張りながら、

そこまで、何もしてこなかった自分自身が、心の隙間に付け入り、こう声を掛けてくる。

"やっぱり自分なんか"
"分かってるんだけど"

"でも、でも、でも・・"

それは、いつもいつも自信が無くて、
ついつい下を向いてしまいがちな、あなたにとっての、少し言い訳混じりに枝葉のついた、心の叫びのようなもの。

頭の中では、これから自分がどんな風に進んでいこうか、遊び心を持って自在に枝葉を伸ばし、彩り豊かにそれを想像していく事も出来るのだけれど、

気づけば、踊るようになびく、周りの枝葉の動きにつられて、自分のバランス感覚を見失い、

そこに付いた、赤、白、黄色、鮮やかに映える花の姿に、すっかり色彩感覚を狂わしていく。

頭の中で描いた、未来の自分は、まるで色味の無い枯れ草姿・・。

あなたはそれを、不自由で物足りない想像だと考えますか?

なんてつまらないものなのだろうと、見極めてしまいますか?

始まっては終わり、また、進んでは帰っていく事を繰り返す、そんな不安定な私達の住むこの世界においては、

"これが正解である!"
と言われているものでさえ

まるで、名も無きものの名前や、姿無きものの形を探し続けるように、

幾度となく、いとも容易く流転していくもの。

巷に溢れる自由な言葉に、
これをやってみたい!!
あれもやってみたい!!と、
自分の気持ちが高ぶるように踊り出す事もあれば、

逆に、
何をしたらいいんだろう?
これはしたら駄目なのかな?と、
気持ちがグラグラ、踊らされてしまう事も沢山あって、

まるで、先行き見えない不安や、
尽きないストレスが抑えつけるように、

頭で描いた枝葉は、綺麗に真っ直ぐ伸ばす事も、それを器用に表現していくのも、また難しい事になる。

そこに居る人の数だけ、そこで営まれている生活の数だけ、そこにある思いの数々が、どんな形で生長し続け、そこにどんな蕾がつくのかなんて、決して分かる事ではないし、

時には厳しく、また時には冷い世間の風に、右へ左へ揺らされながら、

それらに抗う事や、逆らい続ける事に追われてしまう事も多いのだけれど、

でも、でも、でも!!

まるで湧き起こる泉のような、
そんな思いも、そのまま受け止めながら、

自分の為に、また誰かの為にと、ありのままに、その枝葉を伸ばしていく事が出来たのなら、 

そこから響く、心の叫びは、 

例え、それが遠くの方から、微かに聞こえる小さな声であったとして、

例え、それが通りすがりに送る、ただの眼差しであったとしても、

自分にとって"大切な声"として、 
また、誰かにとっての"必要な眼差し"として、

二転三転しながらでも、やがて辿り着く場所へと辿り着いていく。

その固く握り締めた拳のように、あなたが、そこから流れまいと、頑なに執着し、掴み続けているものは何ですか?

震える身体、瞳から溢れ出るもの、

それは、心配だから?怖いから?心細いから?

まずは、鼻からゆっくりと息を吐きだし、
肩の力を抜いてみてごらん。

そして、深く呼吸を味わうように、握った拳を、優しく手放すように開いてみてごらん。

それは今この瞬間、何かが突然どうこうなる事もなく、

それは今この瞬間、自分の思いで簡単に制御(Nirodha)の出来る、

それは今この瞬間、とても安心(Sukha)できる事だから。

開いた手の平へと流れるものや、
そして隅々まで、辿り着いていくものが何なのか、

繊細な気持ちを持ったあなたなら、きっと分かるはず。

思う存分、それを解放(mukta)してみよう。
ありのままに、その風(pawan)に乗ってみよう。

厳しいだけじゃないもの。
冷たいだけじゃないもの。

曲がりくねった枝葉に、どんな蕾が成るのか、陽の光に慣れて、前より少し開いた、その"眼"でよく観てみよう。

どんな色?
どんな香り?
どんな形が観えてきますか?

離れたものは戻り、
根はまた少し深まりながら、

まるで囁くように描く、その優しい彩りは、

そこに至る、弱気な気持ちも、
そこに生じる、期待も不安も、喜びも悲しみも、

そして、湧き起こる、叫びのような、あなたの"心の声"も、

これからは、その一つ一つを"確かな一歩"としての、軸の力へと変えていき、これからも、そしてどこまでも、それらはきっと繋がっていく(yuj)。

"抗うことなく、自分らしく"

伸ばした根の先、もう一つ深い所から、その意味を汲み取る事が出来たのならば、

あなたの痛み(Dukkha)も"暫く"は、
あなたを追ってくる事はしないだろう。

YOGA INCLUSIVE

大地と共に、力強く。 見上げた空の如く、鮮やかに美しく。 たった一つの我なる"泉樹の花" その実は、今ここに成る。 全ては認め、愛され、 そして受容されながら。

0コメント

  • 1000 / 1000