雨、雨、雨のち・・

ポトン。ポトン。
ポトン。ポトン。

濁りに染まった雫が、天から滴り落ちる。

大地はぬかるみ、熱の力は泥に埋まり、

風に乗る、残った煙が、
厚いベールとなって、また空へと広がっていく。

最後に残存するのは、
結局いつもの、小さな浮遊物。

突き刺す根は居場所を失い、
色も無く、
声も無く、
香りも無く、

細く、短く、また衰退していく。

さて、ここから翔ぶのか、翔ばないのか。

まるで、渦巻くように曲がりくねった迷路で彷徨い続けるように、

あなたは、
何度も、何度も、暗雲漂う空を下から覗き、

その背負った翼を、
前から後ろへ、上下、左右と、

開いて、閉じて、
また、開いて、閉じて、

羽ばたき、そして、それを躊躇うように、
繰り返し動かし続けている。

まるで奥歯でじっくり、何かを噛みしめ、そしてその味を確かめるように・・。

それは、昇ったものも、思わず上から下へと崩れ落ちていくかのような、とてつもなく苦くて、しょっぱい味。

ぶつかるような、大きな音を立て、

堅い一つのものさえ、
向こうと、こちらに分断させていく。

裂けた傷から、漏れ出していくもの。
妨げられて、失われる輝き。

秩序?原理?
それは抗うもの?
それとも、そのまま流れていってしまうもの?

正しい理解の欠如と共に、
また、心は揺らされていき、

緊張なのか、弛緩なのかもよく分からぬ渦が、グルグル、グルグル回り出していく。

頭が痛い。
目眩がする。
ご飯が美味しくない・・。

あなたにとって、夜はちゃんと、眠る為の時間になっていますか?
   
季節は今、梅雨真っ只中。
外の世界も、雨。雨。雨。
そしてまた、雨が降る。

過ぎ去るばかりの、お日様恋しい時間に、心の中に滴るものも、少し濁りの混ざった、苦くて、しょっぱい涙雨ばかりかもしれないけれど、

でも、天と地との間で、何かが巡り、流れていくというのは、ただ、ただ、そういう事であったりもする。

例えば、春夏秋冬、4つの季節の間に、12の"月"があり、その12の月の間に、365個の"日"があって、365個の"日"の間にある、沢山の分や秒の集まりその一つ一つにさえも、ちゃんと季節の巡りのようなバイオリズムがあると捉えてみれば、

そこにあるどんな要素もまた、まるで潮の満ち引きのように、行ったり来たりを繰り返す、そんな大きく波打つ"備わるリズム"を持っていたとしても、決しておかしい事ではない。

それこそ、上に行ったり、下に行ったり、
右に行ったり、左に行ったりもしていきながら。

もし、その動きに疲れて、それを痛みとして感じる程に、ぬかるみの中に陥っていると感じてしまうのであれば、

今は、動きを止めて、
そして軸の力を手放して、

まるで、甲(よろい)のように重たくなった羽根は一旦降ろして、自らゆっくり大地へと還っていく、

そんな少し怠けた時間があったとしても、

それもまた、私達が選び取る事の出来る、大切な自由の要素の一つとして、これからも巡り巡りながら、循環していくだろう。

そのまま膝を伸ばして、
フ〜っと肩の力を抜いて、
ゆっくり、大地へと身を預けてみよう。

そこにあるのは紛れもなく"母なる大地"。 

全ては認め、愛され、そして受け止められていく。

今度は、耳を澄まして聞いみよう。

"シトシト"
"シトシト"。

雨音の余韻が、開いた指先から、あなたを労わるように浸透していく。

まるで"父なる空"が、
あなたと一緒に、泣いてくれているように。

・・・。
・・・。

何だか、少し瞼が重たくなってきて、
眉間の辺りに、トロ〜ンと温かいものが広がるような、不思議な感覚。

それは、両目の周りを、優しく包み、
やがて鼻の奥から、頬全体へと広がっていき、

口の中を通って、

ゆっくりと喉を潤しながら、

最後に、胸の奥の方へとスーッと溶けこんでいく。

・・・。
・・・。
ポツン・・。
ポツン・・・。
 
どこからともなく、また雫が落ちる。

"あ〜ここにあったんだ"
何となくそんな感覚も湧いてきて、

懐かしい気持ちや、安心した気持ちが、爽やかな風のように吹きこんでくる。

その雫は、甘くて、豊潤で、
心の中をたっぷりと満たしてくれるもの。

喉の奥から、その味覚が拡がって、今度は鼻の穴からフワ〜っと幸せな香りが抜けていくと、瞼の奥に、彩り豊かなお花畑が広がりゆく。

その中心にあるのは、赤い三角?黄色い四角?

花びらが1枚、2枚、3枚、4枚、どれもが楽しそうに踊っていて、

じっくり眺めているだけで、根っこの部分に、精気が戻ってくる。

今は、厚い雲のベールに覆われ、それがどこにあるのか、探し見つける事が、難しい状況なのかもしれないけれど、

でも、まるで雨のち晴れで、そこに綺麗な虹のアーチが架かっていくように、

新たに内から漲る力が、まるで、ぶつかるように離れていった、幾多の内なる自分と繋がる(yuj)為の、色鮮やかな"架け橋"となっていく。

きっと、曲がりくねった道の途中、
2つの思いは、必ずどこかでまた交わり合う。

時に傷つけ、傷つきあいながらも、
常に、補い、そして支えあっていきながら、

決して支配する事なく、
また、支配される事もなく、

それは、決して滅する事のない、
自分にとっての大切な"居場所"を知っているかのように。

例え、降りしきる雨に、お疲れ気味な所があったとしても、

いつまでも、羽根を広げて羽ばたく事に、躊躇い続ける必要は無い。

何故なら、それら皆んな、天と地との間の、
ただ、それだけの事なのだから。

YOGA INCLUSIVE

大地と共に、力強く。 見上げた空の如く、鮮やかに美しく。 たった一つの我なる"泉樹の花" その実は、今ここに成る。 全ては認め、愛され、 そして受容されながら。

0コメント

  • 1000 / 1000